『進撃の巨人』とは一体何なのか

知る人ぞ知る名作から、国民的な知名度を得た『進撃の巨人』の快進撃は続いている。アニメに映画、さらに2016年には第二期アニメの放送も決まるなど、これまでの軌跡を見るだけでその凄さは誰もが驚くところ。ここではそんな進撃の巨人について、物語概要や登場人物たちについて紹介・考察をしていくサイトとなります。

今はどうなっているのか

現在までの状況として

進撃の巨人は元々月刊誌『別冊少年マガジン』で連載されている作品であり、そこまで注目を集めるような雑誌ではありませんでした。しかし進撃の巨人がアニメで放送されて以後は物語の最新話でいかなる展開を見せているのか、気になる人も多く売上が伸びたことでも有名です。しかし逆に言えばさほど認知度が高くない雑誌だっただけに、物語の展開がさほど残虐であっても問題視される事はありませんでした。今でもそのスタンスは変わっていませんが、アニメで放送されると面白いと言いながら人が当然のように死ぬ映像を見せられるので、子供に見せたくないと思った親御さんも多いでしょう。

センセーショナルな内容にファンも多く生まれましたが、同時に熾烈な内容と主要人物であろうといつ死ぬかもしれない緊迫した世界を見せられるので、落ち着いてみていられないという人も少なくない。コミックスなら大丈夫というシーンでも、静止画から動画になるだけで印象は180度異なる。それこそ人が死ぬシーンもリアリティを追求しているかのような恐怖が演出されていることから見ても、アニメ放送から面白いくらいに人が死んでいくという感想がごった返した。

それでも人気を博しているのだから、ある意味これくらいインパクトをもたせた方が作品の魅力はもちろん、キャラを引き立たせてくれるのかもしれません。

巨人と言われた事のあるあなたへ

物語は加速する

さて、進撃の巨人をネタバレしていくといっても、既に大方出尽くしている。なのでコミックス未読、並びにアニメ未視聴の方はご注意ください。

訓練兵団を卒業を控え、翌日からはそれぞれが3つある兵団の中からどれかを希望して入隊することになる。中でも上位10位の成績優秀者には壁内の中央で王族を警護する『憲兵団』に所属する権利がある、エレンとミカサはその権利はあってもエレンは調査兵団への入団を希望し、ミカサも彼に同調する。加えてアルミンも彼らについていくように調査兵団を希望するが、エレンの強い意思のもとで彼らに賛同しようと言うものもいた。ただ同時に巨人たちに勝てない、またわずかしかない物資と食料の問題という現実に際して安全に、そして平和に暮らせるようにと駐屯兵団を希望するものも多かった。

そうしてそれぞれが違う明日と道を選ぼうとしている最中で、突如として数年前に現れた巨人の出現によってまたも平和は打ち崩されてしまいます。卒業を間近に迫ったエレン達はいきなりの実践を強いられ、訓練とは違った戦いで多くの若者が命を落としていった。そしてエレンもアルミンを助けるために巨人の手からアルミンを逃し、そしてエレンは捕食されてしまう。主人公、これにて死亡という結末だ。

無論これで終わりではない、なにせこの後エレンは意識がないまま自らが巨人化して敵である巨人たちと戦っていく。エレンの活躍で巨人たちの進行こそ退けられたが、未知の存在として危惧する兵団全てからエレンは狙われるようになる。やがて彼が希望する調査兵団、そこに所属する『リヴァイ兵長』と調査兵団団長である『エルヴィン・スミス』の助力により、監視つきではあるが入団することになった。もうここまで来てもそうだが、話の筋書きが全く読めず、行き着く暇もないほどの展開に誰もが囚われていきます。

魅力という部分は

グロテスクかつショッキング、そしてスリリングなシーンが連続する今作の魅力は、やはりストーリーの展開が読めないという点にある。作者が一貫して見せる壮大な世界は、誰もが予想を立てている中で騒がれるほど、読みに読めない物語で心躍らされるような思いになる。

特に今後の展開についてはいくつもまとめ・考察・予想といったサイトがいくつもできているほどだ。それだけ皆が進撃の巨人が何処で落着し、どの部分で終末を迎えるのかが気になっている証と言えます。実際、アニメでもそうしたストーリーはもちろんサブ的な内容を期待する声がいくらかはあると見ていいはず。

競馬を楽しむなら

このチャンスに1ランク上のgolf.pptours-bkk.comでパタヤ旅行を是非お楽しみください!

調査兵団入団後も

調査兵団にエレンたちが入隊して、それからの展開はまた違った方向へと進んでいくかと思われましたが、ここでもまた憚る巨人たちの姿。エレンたちの前に立ちはだかった女型の巨人、圧倒的な戦闘力を有する調査兵団最強の兵士、リヴァイに加えて、研究者でありながら兵士としても高い能力を有するハンジといったユニークなキャラクターの登場によって、物語は激動の展開を繰り返していく。

ちなみにだが、リヴァイとハンジに関しては付き合いが長いこともあって、度々その関係を同人でネタにされるなどボケとツッコミ的な役割でまとめられてもいる。そこから見えるのは、信頼こそしているが人間的に相性が悪すぎるという、奇妙極まりない関係性が見えてきます。