『進撃の巨人』とは一体何なのか

知る人ぞ知る名作から、国民的な知名度を得た『進撃の巨人』の快進撃は続いている。アニメに映画、さらに2016年には第二期アニメの放送も決まるなど、これまでの軌跡を見るだけでその凄さは誰もが驚くところ。ここではそんな進撃の巨人について、物語概要や登場人物たちについて紹介・考察をしていくサイトとなります。

結構禁句なあの話題は

人気に託つけて始動したプロジェクト

2013年の放送を持ってアニメは終了しましたが、年を明けてから2014年も原作コミックスが発売されれば完売御礼、といった文字を書店で見かけたものです。放送してから1年という時間が尽きてもなお話題を発し続ける進撃の巨人、その度にネットでは評価と今後の展開がどうなるのか、そのことが頻繁に騒がれていました。そんな中で2013年10月に新プロジェクトが始動すると告知がされた、恐らく待望のアニメ第二期がいよいよ始動するのか、と思った人も少なくなかったでしょう。読みは間違っていませんでしたが、プロジェクトの方向性はちょっと違った方角へ傾いた。

どちらへと向かったのかというと、明日というよりは明後日へと舵取りをしたといえばいいか。発表されたのは進撃の巨人を『実写映画化』が正式に決定し、2014年公開を目処にするといったものだ。ただここまでの発表に至るまではもちろんだが、公開された後も言ってはいけないことですが、あまり結果からすれば予想されていたものよりは酷いものだったと言わざるをえない結末を迎えてしまったといえるでしょう。

巨人と言われた事のあるあなたへ

実写化決まるまでの流れとして

2014年4月に進撃の巨人の実写映画化が決まったという話もそうだが、キャスト発表にも衝撃でした。ただそれ以前に、進撃の巨人の実写化は数年前から既に話が出ていたというのです。それまでの流れを簡単にまとめると、

このようになっている。

アニメが放送される以前から実写化するという話が出ていたというのも驚きですが、それにしては発表してから4年後に映画公開にこぎつけたという話を耳にすると、映画ではよくあることのように思えますが、一度監督が降板しているという事実が気になるところではある。可能性はあったのかもしれませんが、アニメ放送前である2012年とだけあって、やはり自分には映像化出来ないと判断しての事だったのか。

幸いだったのが、2013年のアニメ放送から2年後に公開だったのもまだ救いだったかもしれません。これで熱が冷めやまない中で進撃の巨人の実写映画化が行われていたとすると、あまりに笑えない状況になっていたかもしれないのだ。それこそ実写映画の評価だけでなく、アニメの出来にも様々な苦情が殺到した可能性も否定出来ないからです。

実写映画の展望

コミックスやアニメなどの作品が実写化されることに抵抗感を覚える人は多い、進撃の巨人にしても例外ではなかった。それこそ公開前から『爆死するだろう』と予測していた人が続出するなど、散々たるレビューや評価があふれていたほど。公開以前からこうでしたが、それも話題作りだとすれば造作も無いと見なしていたという。それもあってか、配給元の東宝は前篇・後篇の総興行収入として『100億円』は下らないと、胸を張っていたというのだ。

2015年8月に満を持して公開された実写映画の前篇、公開2日で興行収入は『6億円』を記録、累計で『32億5千万円』となった。1ヶ月後に後篇が公開されますが、公開2日で興行収入が『3億円』、累計で『16億8千万円』という数字に落ち着いてしまった。見れば分かるように、前篇と後篇で約1/2にまで下がってしまい、当初の予想よりも半分も行かなかった。その他のマイナーな作品と見比べれば2015年の映画作品の中ではヒットしたといえるレベルに位置しているのは間違いない。

ですがやはり実写映画化するのは無理があったのではないか、そう述べるファンが多いのも事実だ。

そんな中でアニメも映画で公開

実写映画化であまり話題にはならなかったが、なんとアニメも放送された内容を総集編にして、新規カットも追加されたアニメ映画が公開された。年始に友人と新宿で遊んでいる時に、暇つぶしに見るかと尋ねたが、友人はわからないからヤダと即断されてしまった。まぁそんな事はさておきとして、放送された内容の総集編とだけあってそこまで人気を読んだわけではありませんが、それを考えても十分な成績を残したといえます。

元々アニメ映画では中々興行収入で話題にはなりにくいですが、このアニメ映画の前篇・後篇では、

これだけの記録を出している。B級映画よりも圧倒的に良い数字なのが見て分かるはず、それこそ某女優が売りだしていた『櫻の園』という黒歴史を残してなかったコトにしているくらい、酷い興行収入を記録した点と比べれば、進撃の巨人がどれほど人気なのかが一目瞭然のはずだ。

競馬を楽しむなら

2016年? 残念だったな2017年なのさ!!

そして今年2016年には待望のアニメ第二期がスタートする、そう告知されていましたが予定はあくまで予定に過ぎなかったと現実が証明してしまいます。改めて情報を精査すると、放送は来年2017年を予定していると変更が通知されたのです。これには楽しみにしていたファンも阿鼻叫喚、中には何を楽しみに残りの2016年を過ごせば良いんだと嘆くものもいるほどだ。

さすがにそれは大げさすぎるが、それくらい今でも人気が高いのだという証拠といえます。